ヒアルロン酸をサプリで

乾燥から肌を守るためにも、身体の内側からバリア機能を働かせたいですよね?そこで気になるのがヒアルロン酸です。しかも、サプリメントまで登場しているとあっては、試さないのはもったいないです。

サプリメントムコ多糖類と言われているヒアルロン酸ですが、高いとされる保水力で皮下細胞同士をくっつけているのです。もちろん、若い頃には自ら保持していたはずのヒアルロン酸ですが、高齢になれば自然と減少してしまいます。こうなると肌の潤いを保てなくなり、カサカサの乾燥肌になってしまうのです。

そこでヒアルロン酸を飲むことで内面からバリアしようと考える訳ですが、サプリメントもかなりの品数が店頭に並んでいますので、購入の際に悩んでしまいがちです。次にあげる点を確認してから予算と相談して決めてみるのもいいですね。

ヒアルロン酸の1日の摂取量は、およそ60mgから200mgです。サプリメントは錠剤ですのでメーカーにより1日の錠剤量に違いがあります。1日に3錠だけ、1日3回で9錠とか、サプリメントの表紙に何日分と明記されていますのでそこを必ず見てください。それと吸収率にも違いがあります。低分子ヒアルロン酸が配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

乾燥肌も肌の内側から改善する努力を惜しまないことが、カサカサから逃れる唯一の方法なのかもしれませんね。

乾燥肌になる原因

乾燥肌乾燥肌=ドライスキンですが、皮膚の内側には何層もの角質層が積み重なっています。皮脂分泌の量が低下することや天然保湿成分などの水分量が少なくなってしまうことで、皮膚と皮膚をつなぎ合わせる層の間に水分不足が生じてしまい、柔軟性が失われて潤うことができずにカサカサな状態になってしまうのです。これが乾燥肌と呼ばれるものです。

年齢だけでなく、どのような環境で過ごしているのかによっても皮膚の状態がさまざまあるのです。それだけではありません。ビタミンAが不足していたり、内臓疾患があると同じく肌が乾燥することもあります。また、乾燥すると白い粉を吹くこともありますが、これはリンセツ(鱗屑)と呼ばれている角質細胞が浮き上がってきた状態です。

このように乾燥肌と言っても色々な症状があることから、病気であることを見落としてしまう場合もありますので注意してください。ここではあくまでも一般的な乾燥肌のことをお伝えします。

肌の水分だけでなく、皮脂までも不足することで皮膚の表面がカサつきはじめることも多く見られます。ホコリアレルゲンなどの原因から肌を守るために皮脂膜があり、保湿成分が働き、肌の水分が蒸発しないように守る機能が低下することで、問題の乾燥肌になってしまうのです。

冬の大敵「乾燥肌」

冬が近づいてくると手や頬、唇などがカサカサしてきませんか?これは素肌の乾燥です。乾燥しているままですと、かゆみが出てくることもありますし、粉が吹いたように白くなってしまうこともあります。乳液ボディークリームをたっぷりと塗っていれば大丈夫よと油断しているとますますお肌にダメージを与えかねません。どうすれば乾燥肌から素肌を守ることができるのか、いま流行りのヒアルロン酸が効果を現わすのか確認してみましょう。

美肌寒い季節が訪れると、部屋の温度は高くなり、外にでれば冷たくてお肌にとっては大敵です。潤いを閉じ込めていたのにいつの間にか蒸発してしまうとカサカサを通り越して、パリンと音がして割れそうな感じになってしまいます。子供から高齢者まで肌のお手入れを始めだす寒い季節にどのすれば乾燥肌にならずに済むのかと考えてしまいますよね。

ふつうは、乳液やクリームを塗れば平気かもと安易に考えがちですが、実際はそう簡単なことではありません。身体の内側から潤いを保護するために働きかけることが重要なのです

そこで乾燥肌といえば、必ずでてくるヒアルロン酸を有効活用するためにはどうすればいいのでしょうか。ヒアルロン酸配合の化粧水や乳液などはドラッグストアで見かけますが、結局のところ外からしか肌を守れませんよね?これでは肌に浸透したとしても効果を得ることができるのでしょうか?少し疑問が残ります。なぜならば、肌の内側から乾燥しない努力をしたいから。それならば、サプリメントとして摂取する方が肌の改善にも向いているはずです。